生きている甲虫とコンピューターのハイブリッドロボットが開発されました。このニュースとみなさんの反応をまとめました。

490_虫ロボット
生きた甲虫とコンピューターの「ハイブリッドロボット」開発される
生きている甲虫とコンピューターのハイブリッドロボットが、シンガポールの南洋理工大学などの研究チームによって開発された。脚の動きを人が完全に制御できるという。

ロボット化された昆虫は、今回の甲虫のほかにも、これまでに数多くの例がある。スズメガやゴキブリなどだ。しかしそうした昆虫では、歩く速度や歩調、歩き方を人が完全に制御できなかった。そうしたことができるロボットとしては、この甲虫ロボットが第1号になるという。

研究チームは、甲虫の通常の動きを3Dモーションキャプチャーシステムで追跡し、シーケンスをプログラミングして、さまざまな歩き方をさせた。甲虫に「ギャロップ」で走らせてから、「3脚」で歩かせることにも成功した。

研究チームはこのハイブリッド昆虫について、人造ロボットと比較してさまざまな利点があると述べている。例えば、甲虫は生きているので、人が制御するのをやめて、自由に移動させることもできる。

「昆虫とコンピューターのハイブリッドロボットが障害物に出くわしたら、コントローラーのスイッチを切って、本来備わっている神経制御ネットワークで障害物を乗り越えたり避けたりさせることができる」と、論文は述べている。

論文はさらに、ハイブリッドの甲虫なら、消費電力が人造ロボットの数百分の1で済むと指摘している。また、今後は、「生きている昆虫プラットフォームに組み込まれた環境発電機」によって自己発電できるかもしれないとも述べている。こうしたことから研究チームは、こうした生体とのハイブリッドなロボットについて、「自然界が提供するロボット・プラットフォーム」だと結論づけている。

一方で、動物愛護活動家たちは、昆虫が痛みを感じることができる証拠があると主張し、ロボットと昆虫のハイブリッドの開発を批判している。

出典:http://www.sankei.com/wired/news/160420/wir1604200001-n1.html

その他のコメント

  • グロいなぁ_| ̄|○、;'.・ オェェェェェ でもかなり使えそうだ。
  • ひょぇー
  • ををををを
  • いやいやいや、さすがに怖いというか、気持ち悪い…
  • ぎぃぃやああああああああ こんな可哀想なことすんの、どこのどいつだぁぁ キモイし かっこよくない 可愛くない
  • 痛々しい姿